頼れる歯科医院を目指し地域密着の診療

入れ歯・義歯治療

歯周病や虫歯などで歯を失った場合、見た目を良くし、食べ物をかむ力を維持し、残った歯を良好な状態に保つために入れ歯を使います。

入れ歯は、失った歯が何本でも、とびとびであっても、条件に合わせてつくることができます。着脱式で掃除がしやすいのが長所です。短所は、インプラントやブリッジに比べて違和感を感じやすいことが挙げられます。 噛む力は部分入れ歯の場合、健康な時の40%程度、総入れ歯は60%程度まで低下するため、噛み心地という点では不満があるかもしれません。しかし、見た目やお口のバランスを補う目的であれば十分だと言えます。

歯が抜けたまま放っておいていませんか?

「歯を抜いたけど特に困っていないから歯医者に行かなくても大丈夫」と思っていませんか?そのままにしておくと他の歯の状態も悪くなり、やがて全部の歯を失ってしまうかもしれません。歯がなくなったスペースは入れ歯などで補う必要があります。放置せずに最後まで治療を受けてください。

歯がなくなると…
歯を失うことで、元々の歯と噛み合っていた上の歯(または下の歯)が伸びてきてしまいます。また、隣に生えている歯も空いたスペースに徐々に傾いてきます。歯を1本失っただけでもお口全体のバランスは損なわれてしまい、それを戻すためには矯正のような大がかりな治療が必要になります。また、咬み合わせが崩れるため顎関節症を引き起こしたり、上手く噛めずに唾液の分泌が減って胃腸に負担をかけたりなど、他の症状を引き起こす可能性もあります。
入れ歯を作ったら

入れ歯の状態を良好に保ち、お口の健康を守るために欠かせないのが掃除やお手入れです。入れ歯の汚れは、口内炎や周りの歯が歯周病になる原因となります。

また、新しい入れ歯を使い始めたときは、慣れるまでに時間がかかります。実際に使ってみると不具合が出る可能性もありますので、しばらくは点検や調整のための通院をお願いします。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い
保険の入れ歯
最大のメリットは治療費用が安いことです。しかし、自費診療と比較すると、素材の種類の選択肢が狭く機能や審美性に劣ります。その他、素材に使われるレジン(歯科用プラスチック)は熱を伝えにくいため、食べ物の温度や味覚を感じにくくなります。衝撃に弱いというデメリットもあります。
自費の入れ歯
メリットは機能・審美性共に優れ、素材の種類を豊富に選択できることです。費用がかかることが難点ですが、それだけに装着感や見た目は入れ歯と思えないほど自然です。
金属アレルギーについて

アレルギーと聞くと、花粉症や食品アレルギーを想像することが多いのではないでしょうか?
人間は自分の体を守るために「免疫」を備えています。

「免疫」とは細菌やウイルスなどの「異物」を排除して病気になるのを防いでいます。
その「免疫」が本来敵ではない食品や花粉、金属に反応して起こるのがアレルギーです。

金属アレルギーの多くはネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなったり
強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。

お口の中の金属に反応してしまう場合もあります。
症状が重い場合には皮膚が剥けてしまうことや手足や全身にまで広がることもあります。

バルプラスト

バルプラストの最大の特徴は審美性が高いことです。
金属バネを使用しないので、口腔内にいれても義歯と気づかれにくい自然な仕上がりになります。
見た目を気にせず笑ったり、食事することが可能です。

バルプラスト

バルプラスト(金具がない入れ歯) 6歯以上 132,000円
7歯以上 220,000円

※すべて税込価格となります

バルプラストのデメリット
  • 噛み合わせが想定より強い場合、破損することがあります。

PAGE TOP